ホルモンとの仲はいらっしゃる?

更年期障害はホルモンといった脈絡あり

更年期障害は体内のホルモン分散という密接に関係しています。端的に言ってしまえば、体内のホルモン分散が老化にて急激リザーブを迎えることによって更年期障害のさまざまな症状が発症するのです。

 

その意味で、多少なりとも更年期障害の症状の等を軽減するためには、体内のホルモン分散を賢くコントロールすることは常識と言えるでしょう。更年期によって、自分のカラダではホルモン分散がどういうリザーブをしているのかを理解することから始めましょう。

 

更年期におけるホルモン分散のリザーブ

更年期におけるホルモン分散は、ソリューションから先に申し立てるって、淑女ホルモンの急激減少ということになります。代表的な淑女ホルモンとしては、エストロゲンってプロゲステロンだ。こういう2つのホルモンは卵巣から分泌されています。

 

上述淑女ホルモンはメンスなどをつかさどっておるホルモンだ。こういうホルモンが40料金程の更年期を境に急激に分泌されなくなってしまいます。それに付随して現れる体調が更年期障害というわけですね。

 

閉経を迎えるにあたっての体調

なぜ更年期です四十路からこういう淑女ホルモンの分泌嵩の急激減少が起こるのでしょうか。それは、閉経を迎えるにおいて、身体が設営を通じておるからに他なりません。閉経は、つまりは、メンスがなくなることです。

 

未成年下をピークとして、淑女ホルモンの分泌嵩はこれから減っていきます。こういう減少が急激に加速するのが40年代以降のご時世というわけです。そうして、50年代を過ぎ、メンスがなくなるって淑女ホルモンの分泌はざっとなくなります。

 

急激ホルモン分散のリザーブに身体がおいつかない

こういう閉経を迎えるにあたっての急激身体のリザーブには、人間の心身はなかなか対応できるものではありません。卵胞が静まり、淑女の分泌嵩が減ってしまっているにもかかわらず、脳はそのことをなんだか認識できません。

 

なので、身体が淑女ホルモンを分泌できないのに、脳は今までままに淑女ホルモンを分泌するように身体に命令をするのです。こういう脳という身体との齟齬は自律地雷のルールを乱す果実となります。それが更年期障害として発症するわけですね。

 

更年期障害は自律地雷不整症

つまり、更年期障害は、自律地雷不整症のひとつという事ができます。身体が閉経を迎えるにあたって淑女ホルモンを分泌しなくなる。但し、脳は今までまま淑女ホルモンホルモンを分泌しようと始める。

 

こういう身体って脳の不等を通じて、身体や心にさまざまな魅了がうまれることになります。更年期障害の症状です、動悸、のぼせ、発車汗、頭痛、肩こりなどは自律地雷不整症の代表的な症状でもあります。全ての原因はホルモン分散の破壊にあるのです。

 

現代の淑女を取り巻く事情が更年期障害に悪影響

現代の津々浦々人前はアダルト淑女において、まだまだ生きづらい人前であるとされています。人前拡散にともなう外敵、家事や育児の外敵、父母の介護など、これらは淑女の気掛かりとして重くのしかかります。

 

これらの外敵が淑女の心身に蓄積されることによって、その淑女の更年期障害は悪化の一途をたどっていらっしゃる。このような外敵を日常的に手広く抱え込んでいる淑女ほど更年期障害の症状が根深いという傾向があるようです。

 

それでは外敵を多少なりとも軽減することから

閉経は誰にでも生じるものであり避けられないことです。それにともなうホルモン分散の悪化もある程度は腹積もりしなくてはならないことです。

 

但し、上記のような日常的に受け取る外敵は自分の周囲の一家や仲間のアライアンスを通じていよいよ燃やすことが出来るものであると思います。こういう外敵をどうにかして軽減し、自律地雷不整症の症状を緩和させることこそが、更年期障害を多少なりともコンビニエンスに乗り越えるためのメソッドと言えると思います。

 

更年期サプリTOPへ